心から看る介護と認知症予防のお話

心から看る介護と認知症

 

予防について

私たち日本人には『予防』という概念がほとんどありません。
それは医療が患者さんだけを対象にしてきたからです。
病院で行なう予防は予防注射しかないため、自分で予防するという認識がないんですね。
ですが「悪くなったら見ます」だけの医療は片手落ち。
これ以上、介護や認知症を増やしたくない!という想いのもと、予防を考え始めました。

出現している症状に行う治療と違い、予防は長いスパンで経過を見ます。
そうしたとき、時代背景や環境、生き方に特徴があることに気づきます。
それが良いか悪いかではなく、経過を知って次に活かすこと。
物事の意味を考えて、そうならないための心構えを知っておくことが予防です。

 

介護と認知症予防のお話会について

日本人の4人に1人が高齢者の時代になりました。
介護を受けることが当たり前のようになり、認知症患者さんの数は把握できない状況になっています。
2035年までは高齢者が増え続けるため、今のままではどんなに頑張っても介護が減ることはありません。
介護される側も、介護する側も厳しい状況を迎えることになります。

このお話会は、足腰の筋力を低下させない予防や、嚥下機能を低下させない予防のお話ではありません。
まさに30代40代50代の元気な人や、家族の介護をしている人が、介護状態にならないための内容です。
私もいつか親の介護をしなければならないのだろうな、私もいつか介護されるのだろうな…、そんなふうに思っていませんか?
自分の人生を簡単に諦めてしまっていいのでしょうか?

 

今までの経過

2017年12月に初めて東京でお話させていただきました。
その後2018年2月から大阪・東京・長野で計6回開催し、アンケートにご協力いただいています。

参加者数138名、未回収12名(回収率93%)

★参加者の年代★
20代  3名
30代  22名
40代  38名
50代  43名
60代  19名

★参加者の職業★
介護職   23名
看護師   45名
助産師   3名
他の医療職 12名
経営者   5名
他の職種  26名
フリー   12名

 

アンケートの詳細

★今日の内容はいかがでしたか?
納得できた  70名
理解できた  49名
ふつう    4名
受け入れ難い 0
(未回答 1名)

★介護現場で役立ちそうですか?
とても役立つ  43名
役立つ     37名
ふつう     3名
そうでもない  0
役立たない   0
(未回答 12名)

★知人に勧めたいと思いますか?
勧めたい     106名
どちらでもない  5名
勧めない     0
(未回答 8名)

★職場のスタッフに知ってほしいと思いますか?
知ってほしい   106名
どちらでもない  3名
知らない方がいい 0
(未回答 13名)

 

いただいたご感想

すべてではありません。抜粋させていただいています。

(医療職以外の方より)
・直面している親の介護に、とても気持ちが楽になった感じです!
・介護の考え方を改める講義でした。
・心の視点からの講演はとても勉強になりました!
・子供のいるママの年代にもぜひ聞いてもらいたいと思いました!
・もっと早く知っておきたかったです。

・これからもこういうお話が広がるといいと思います。
・もっとたくさんの人に知っていただきたいお話でした!
・自宅介護に踏み切れずにいましたが、どうすればいいかわかったような気がします。
・もっと学びたい、もっと自分のものにしたいと思いました!
・知識を体験にしていこうと思います。

・心の持ち方が分かりました。
・とても面白かったです。
・最後の30分の話をもっともっと聞きたいと思いました!

 

(医療職の方より)
・職場のスタッフと一緒に聞きたいと思いました!
・この講演を聴くまで罪の意識がありましたが、気が楽になりました。
・2人の介護に振り回されている姪に話したいと思います!
・介護の問題は取り上げられているのに、ひとりひとりがどうすべきかわからない現状。今日の話を活かせるように仕事を頑張りたいです!
・機会があればまた参加したいです!

・自分の生き方を考え直すきっかけになりました!
・自分自身で幸せになっていく生き方をしたいと思いました。
・実践していることを認めてもらったような気がします。心強く、明日から頑張ります。
・世代ごとの生き方で余生が変わることがよくわかりました。
・医療法人も変わっていかなければならない時期だと思いました。

・心理面からの説明はとてもわかりやすかったです!
・多くの人に聞いていただきたいお話でした!
・今後の仕事に役立てたいのと、自身の生き方についても考えたいと思いました。
・課題をいただいたような気持ちです。
・まったく同感です。認知症になる前に手を打つべきだ。

・自分の考えていたことが正しいと自信が持てるお話でした!
・介護どっぷりでなくてもいいんだとわかりました!
・介護に関わる人の気持が軽くなると思います。
・自分の時間を作りながら介護を続けたいと思いました。

 

こんなご意見もありました

・価値観の多様性を思うと、心の充足を求める難しさを感じました。
・専門職のための講演だったような気がします。
・両親の介護をする立場への講演もしてほしいです。
・介護している家族がすべてを捧げるのは危険だと感じますが、しかし日本の社会が介護者をフォローできていません。知られずに取りこぼされている現状もあり、現実は厳しいです。

そうなんですね、私は講義の中で理想であることを伝えています。
ですが理想がなければ改善しようがないため、必要なことだと思います。
これまで介護の理想が唱えられてなかったから、私たちは露頭に迷っているのではないでしょうか。
また、講義で個々に具体的な行動をご提示できないため、お友だちカードをお渡しして相談窓口を設けていますので、どうぞご活用ください。

皆が一生懸命なのにうまくいかないのは、大きなシステムに問題があります。
ですが国が全体を変えてくれるのを待っているだけでは、介護被害者が増える一方です。
大きなシステムを動かす最初の起点は、ひとりひとりにあるのではないかと思います。
今後も活動を続けていく所存です。ありがとうございました!

 

終わりに

このお話会では、最後に『介護現場の人間関係相関図』をお伝えしています。
介護は意思疎通が難しく感情労働だと言われます。
介護現場の人間関係を円滑にするためにどうしたらいい?
ご家族さんへの関りをどうしたらいい?
という人間関係の問題を解決します。

 

 

 

 

 

2017年12月東京

2月大阪

5月大阪

6月東京

6月長野

7月長野

 

 

 

関連記事

  1. 「家族死生観」残された家族が生きていくために@東京ナース大会…

  2. ダイエットその7~ツボとコツ。そしてプロセスをまとめます。

  3. 「心から看る介護と認知症」動画を公開いたしました

  4. 介護家族の悩み。介護職が気づかない家族の視点。

  5. 問題を避ける思考グセは、老後になって人生を生きた気がしない。…

  6. 心から看る介護と認知症予防 in 大阪

  1. 介護しているあなたへ「魂をケアしよう」

  2. どうしても人と比べてしまうときの2つの道

  3. 「これからの時代を生き抜く和の健康法」明日から始まります…

  4. 自分自身の根源を探る、人類進化説vs霊体説

  5. 「売りを愛に変えよう」ビジネスはコロナで変わる

  6. 「過去も未来も今ここに」時間に追われる生活から離脱

  7. 次元が上昇する命の考え方「人は二度死ぬ」

  8. コロナは情報感染で現実になっていく、私もしかして?!と思…

  1. 人は弱くていい。「わたしの道」だから

  2. 情報化社会の真実

  3. 人は間違いながら進んでいく。それが正しい道。

  4. 女性のための新しいビジネスモデル開花します/メルマガ【心…

  5. 心身の健康とビジネスに目覚めた看護師たち/Wellビジ2…