生物の原点は腸だった

 

こんにちは。あなたのWellnessライフを願ってお伝えしています。

さて、腸のお話がまだ続きます~

 

 
私たちの「命」はいつ誕生したかご存知ですか?

 

 
36~42億年前に水中で誕生したと言われています。何もないところに薄い膜が発生し、一つの細胞が生まれました。

その単細胞生物には脳がありませんが、「入り口」と「中間」と「出口」、それを形成するDNAを持っていました。

そして存在し続けるために栄養摂取の使命を持っていました。

 

 
生まれたから栄養を摂るのか、栄養を摂るために生まれたのかわからないー。

ただ、口と腸と肛門があるだけ
というのが私たちの原点なんですねー

 

 

口から取り込んで、モグモグして、排せつすることの大切さ。それは私たちの根っこなんですね。

全身の臓器の中で腸だけに脳細胞が1億個あるそうです。

腸は第2の脳と言われますが、第1が腸で第2が脳なのです。

 

 

からだは言葉ではない方法で、あなたに知らせを送ってくれています。

あなたが上手くいくための方向をすでに知っているんですよ♪

考えてもわからないことは、からだに聞こう♪

 

関連記事

  1. 看護コミュニケーションの革命。心と身体と自然につながる意識の…

  2. 幸せな健康は“腸”抜きで語れない

  3. 報酬もらっても続けられない。社員の健康プログラム

  4. 「医師・看護師は患者に評価される!」在宅医療の幸せはコミュニ…

  5. 薬の効果は55%がプラシーボ

  6. その介護予防、認知症予防は誰のため?心に寄り添う介護がしたい…

  1. 宇宙銀行からお知らせ

  2. 「心から看る介護と認知症」動画を公開いたしました

  3. フィルタリングで自分を守る-コロナウィルス

  4. 人は弱くていい。「わたしの道」だから

  5. 霊魂観で看る介護と認知症/滋賀県看護協会

  6. 250コの目標を手放すということ

  7. 自分の幸せを求めなくなった人から幸せになれる

  8. 心から看る看護と介護 / 2020年1月25日

  1. 人は弱くていい。「わたしの道」だから

  2. 情報化社会の真実

  3. 人は間違いながら進んでいく。それが正しい道。

  4. 女性のための新しいビジネスモデル開花します/メルマガ【心…

  5. 心身の健康とビジネスに目覚めた看護師たち/Wellビジ2…