人生の最期を安心してほしい/家族死生観④

 
看護師の鎧を脱ぎ捨てて、ひとりの人間として、娘として、あるいは親として、兄妹として、
最期の時をみんなが穏やかに安らかに迎えるにはどうすればいいだろう?
私たち自身も複雑な思いを抱えながら、自分と家族の最期に向き合っています。
6/22の「家族死生観」開催に向けて、真摯な気持ちで話し合いました。

 
FBグループには一週間で140名もの人が参加してくださり、皆さんの経験や想いをシェアしていただいています。
本当に有り難く、貴重な投稿が続いています。
どの人も様々な体験をして学んでる。
だけどそれを共有できる場所がない。。

 
想いを解き放ちたい方、他の人の考えを知りたい方、学びたい看護師や介護職の方、どうぞグループにご参加ください。
これほど人の経験や意見が参考になるグループは他にないと思います。
今の医療に不安を感じる方々の力になりたい。
本気でそう思っていますので、興味のある方はリクエストくださいませ。

 
「家族死生観」
残された家族が生きていくために

非公開グループです。
FBグループ「家族死生観/ナース大会議」

 

 

 

 

 

 

 

 
さて、当日のお話をさせてくださいね。
後半のワークを山咲凛子が担当させていただきます。

 
【6/22タイムテーブル】
09:30 開会
09:40 看護師体験談スピーチ
09:50 介護士体験談スピーチ
10:00 一般者体験談スピーチ
10:10 玉置妙憂さま講演
11:00 ディスカッション
11:45 代表者体験談スピーチ
12:30 ランチタイム
13:30 ワークタイム
16:30 アンケート記入
16:45 閉会

 
開会の儀の後、最初に参加者様の体験談をお願いしたいと思っています。もちろん無理にお願いすることはありませんし、ぜひシェアしたいと仰っていただける方がいたら、優先的にお願いすることになると思います。

次に【現役看護師僧侶の玉置妙憂さまの講演】です。4月にNHKクローズアップ現代に出演され、今や講演依頼が殺到していますが、昨年からの親交で特別配慮くださいました。質疑応答の時間もありますので、この機会をお見逃しなく。

その後1時間半、参加者さまから体験談のお話をいただきます。それぞれに体験して学んでいるけれども、シェアする機会が無いがために「これで良かったのか?」と迷います。ほかの人の体験や考えを知ることによって、人は学んでいくのではないでしょうか。

そしてランチタイムへー。
お昼は軽食をご用意しています。

 

 

 
13時30分~午後のワークが始まります。

1つめに【自分のお葬式を想像するワーク】を行います。
自分のお葬式で「参列者からどんなお別れの言葉を言ってもらいたいか?」を考えるといいと、聞いたことがある人は多いと思います。ですがなかなか一人で時間を取ってできることではありません。それを今回試みていただく予定です。

 
2つめに、もっとも多い心の葛藤【延命するべき?】【延命すべきでない?】をワークします。
どんな結果になるかわかりません。参加者さまと一緒に考えながら行うワークですので、皆さまのお力を貸してくださいませ。

 
3つめは【最期のとき】を試みます。
私たちが迷うのは、いかなる人も最期のときを体験できないから。ですが大きな事故や大病で一命を取り留めた人は、生き方が変わるように思います。もしこのワークで疑似体験できれば何か変わり始めるかもしれません。

 
私はこのワークに誇りを持っています。そして繊細な命の課題に、真摯に向き合う所存です。コミュニケーションスクール講師10年の傍ら数々の相談にのってきて、今、看護師として、皆さまの勇気と安心の一助になることを願っています。

延命を考えたとき、家族は死にゆく人のことを思い、死にゆく人は家族の心配をしているように思います。人間関係はカオスで答えがあるものではありませんが、みな答えを探しています。

限られた時間で大したことは出来ませんが、おそらく当日は、そこはかとない生命力と他者への想いやりを持っていらっしゃる方々にお集まりいただけるのでは、と思っています。

エネルギーの流れが大きく変わる令和の夏至6月22日、参加の皆さまと力を合わせ、「日本人の死生観」が新たな一歩を踏み出すことを願っています。

 

 

長くなりました。イベントやワークに関連する記事を今後も紹介させていただきます。当日参加できない方もヒントにしていただけたら幸いです。

当日お会いできるのを楽しみにしています^^

 
企業さまの協賛により特別チケットでご参加可能になりました。
「家族死生観」
残された家族が生きていくために

 

 

 

 

 

 
山咲凛子 1967年生まれ
Wellnessナース/NLPマスタートレーナー
看護師22年、コミュニケーションスクール主任講師10年。女性が自分らしく生きるための心理サポートや起業支援を行ない、現在はその経験を活かして、健康/予防を目的に活動中。卒業生約400名、セラピストトレーナー150名育成、セッション数4000件から導き出した独自のセオリーを持つ。ナースサミット主催、Wellnessナースビジネスプログラム主宰。主な情報は8年前から書き綴っている、看護師向け無料メルマガ【心と身体のStudyMail】で配信しています。

関連記事

  1. 医者は命を救う。看護師は人を救います。

  2. 医師と患者と看護師の関係はトライアングル「看護は空(くう)で…

  3. 約束です。眠る前だけは“幸せ”でいてください。

  4. 看護+コミュニケーションはホリスティック

  5. 突然訪れた母親の介護!自分と子供の将来を考えて判断できますか…

  6. その介護予防、認知症予防は誰のため?心に寄り添う介護

  1. 情報化社会の真実

  2. 「ビジネスで結びをつくる2つのパターン」フリーランスナー…

  3. 職場の男女関係は『第3の性』を確立/ナース限定【心と身体…

  4. 人は間違いながら進んでいく。それが正しい道。

  5. 「究極の自己実現法」と「究極の健康法」/メルマガ【心と身…

  6. 女性のための新しいビジネスモデル開花します/メルマガ【心…

  7. 心身の健康とビジネスに目覚めた看護師たち/Wellビジ2…

  8. 看護師が公の人であるために大切なこと/ナースの起業

  1. 情報化社会の真実

  2. 人は間違いながら進んでいく。それが正しい道。

  3. 女性のための新しいビジネスモデル開花します/メルマガ【心…

  4. 心身の健康とビジネスに目覚めた看護師たち/Wellビジ2…

  5. 「体が勝手に痩せていく」生活習慣病予防ダイエット5つの法…