「夢は、自分と社会を幸せにする頑固な思い込み」ナースの起業/ナース・ウェルネスセンター構想


 

東京のある病院のドクターに会ってきました。
20年前から「医療を産業にする」という考えを持ち、ひとりで小さなクリニックの開業から始めて、今では4つの病院の理事長です。
もう一つ「医療は総合生活産業である」という考えも持っていらっしゃいました。
私が「看護は誕生から死まで」「看護は日常の暮らしと共にある」と考えているのと近く、面談していただく機会を得て行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

数か月前、厚生省と経産省が握手をして「日本の医療を輸出して産業に」と合意している記事を見ていました。
その中心となっている理事長でした。
20年前は厚生省も大学も医師会もみんな敵だったそうです。
ですがベトナムから医師や看護師を招き、住み込みで日本の技術を教え、2年前にベトナムに病院を設立したそうです。

 
さらに私が訪問したリハビリテーション病院は、観光ホテルのようなスパやエステ、シェフがいるレンストラン、山羊のいる牧場があったり、病室のインテリアをわざと暗くするなど、医療の奇想天外ばかりでした。
食べたい時間にレストランに連れて行ってもらって食事ができる、お風呂に入りたいと思ったときに介助で入れるという、患者さんというか、人間としての基本的ニーズを満たしていて、かつ、救急を絶対断らないという信念。

 
できない、無理、という思い込みは、ここにはありませんでした。
だからこそ患者さんにも不可能がないのだな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとっては、自分の志を再確認する機会でもありました。
「若手開業ドクターにできなくて、あなたにできることは何だ?!」と聞かれ、
「病気を卒業すること」と答えました。

 
そしてナース・ウェルネスセンター構想のプレゼンをしました。
・病院に行く前に自分でできることを促進します
・人間関係のストレスを快方することで身体の状態が変わります
・脳科学的に生活習慣を変えます
・生活習慣病、うつ病、更年期障害、介護被害者の減少を図ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢は「自分と社会を幸せにする頑固な思い込み」なんですねー。
私が考える構想は5年後10年後のことなので、まだまだ理解してもらえない。
わかってもらえるかどうか?ではなく、いかに語れるか?
今回は、自分の志しが試されてるのを感じました。

 
Wellnessナースの構想は、新しい職業の確立と同じ。
今までなかった看護の道をつくろうとしているのだから、道なき道を進んでいます。
Wellnessナースには分析したりデータを集める力はないけど、苦しんでいる人を救う技術があります。
そして心を救うことは命を救うことと等しい、と思っています。

 
ただ、どのように社会との折り合いをつけるか?
自分が心底やりたいことと、資本主義経済の兼ね合いはこれからの課題です。
だけどどんな言葉にも負けない強い思い込みがあるから、未来に向かって動いていけるのだと思います。
幸せにしない思い込みはサラッと手放して、幸せな思い込みを頑固に持ち続けたいです。

「経営とは情熱を持ち続けること」だと思います。

 

 

 
山咲凛子 1967年生まれ
Wellnessナース/NLPマスタートレーナー
看護師22年、コミュニケーションスクール主任講師10年。女性が自分らしく生きるためのコーチングや起業支援の経験を活かして、健康/予防を目的に個人活動を行う。受講生約400名、女性セラピストトレーナー150名育成、セッション数4000件から導き出した独自のセオリーを持つ。ナースサミット主催、Wellnessナースビジネスプログラム主宰。
主な情報は8年前から書き綴っている、看護師向け無料メルマガ【心と身体のStudyMail】にて。

関連記事

  1. 起業ナースのむずかしさ

  2. 病院生き残り作戦で戦うよりも、ベテランナースは病院を出よう~…

  3. 看護師がカウンセラーに向いている8つの理由

  4. うつ病になる前に。ベテランナースは病院を出よう~

  5. 年を取れば取るほどリソースは失われていく。ベテランナースは病…

  6. 起業には2通りの生き方がある。ナースのあなたはどっち?

  1. 人生の最期を安心してほしい/家族死生観④

  2. ここに来れば健康になれる「ナース・ウェルネスセンター」構…

  3. 家族が安楽死を望むとき/家族死生観③

  4. 母親の抗がん剤治療に反対し、ケンカしたまま母を失ってしま…

  5. 亡くなった人にしか伝えられないことがある/家族死生観①

  6. 「家族死生観」残された家族が生きていくために@東京ナース…

  7. フリーランスナースの第一歩に大切な3つのこと

  8. 「介護にならない心構え」6月3日(月)ラジオでお話します…

  1. 人生の最期を安心してほしい/家族死生観④

  2. ここに来れば健康になれる「ナース・ウェルネスセンター」構…

  3. 亡くなった人にしか伝えられないことがある/家族死生観①

  4. 「家族死生観」残された家族が生きていくために@東京ナース…

  5. フリーランスナースの第一歩に大切な3つのこと