「命にかかわる現場でキャパオーバー!」ブレないナースになるためのたった1つの質問!


 
急に仕事を頼まれてキャパオーバーになったとき…
(えーなんで私?!)
(そんなんムリ-!)
って、パニックになってしまうときありますねー

だけど時間がなくても、経験がなくても、頼まれた仕事はこなさねばなりません。
社会人として… ね^^;

そんなとき“抽象化”が役に立ちます。
自分に問いかけてみましょう。

「私がこれをするのは何のため?」

と。

 

 
もし30分以内で100枚コピーしてと言われたら…
どんな目的があるでしょう?
会議をスムーズに進行させるためかもしれません。
会社のいい印象を得意先に与えるためかもしれません。

 
もしコーヒーを20人分入れてと言われたら…
どんな目的があるでしょう?
お客さんに心地よくくつろいでもらうためかもしれません。
サービスなら、日頃の感謝の気持ちを込めてかもしれません。

その目的を達成します。

 
するとね?
少々失敗しても大したことにならないんです。
コピーがちょっと遅くても、コーヒーがちょっとマズくても
だいじょうぶ^^

 

 

 

看護の場合パニック具合がハンパない。

看護の日勤帯は、処置や検査、手術や入退院で毎日戦場です。
準夜は準夜で、日勤帯のやり残しや夜間の処置、食事介助や洗面や配薬など、ナース2~3人でやらなければならないことが山ほどある。
深夜帯は深夜帯で、重症患者や手術後の患者、せん妄状態、不眠症の患者がいて、さらに排泄介助で追われて観察どころではないときもある。

 
深夜帯はとくに予測不可能なことや急変が起こりやすいため、年長者であっても取り乱してしまうことが珍しくありません。
その上、日勤帯でできない業務や、カルテの整理、環境整備も深夜の仕事に。
深夜帯の朝は…言うまでもなく汗だくで、勤務が終わる頃には放心状態です。
いったい何ができていて、何ができていないかさえわからなくなってしまう…。

 
また、新人ナースが日勤帯の仕事に慣れ始めて、準夜勤や深夜勤に入るとき。
教えることが山ほどあります。
指導するナースは説明するだけでも大変。
新人ナースは一生懸命メモするけど、緊張してほとんど頭に入ってません。
後になって「聞いてません」「教えてもらってません」ということがあるんですねー
指導者はムッカーッ(~_~メ)!

 

 

そんなときは?

「私がこれをするのは何のため?」を使いましょう。

まず自分に。

たとえば日勤帯は「治療をスムーズに受けてもらうために」
準夜帯は「安全安楽な眠りを確保してもらうために」
深夜帯は「安全安楽な眠りを維持してもらうために」や「一日の活動を気持ちよく始めてもらうために」
新人ナースには指導者が思う各勤務の目的を伝えます。
そしてパニックになりそうなときは、目的に従って判断するように教えてあげるとズレないでしょう。

少々やり忘れがあっても、間違ったやり方をしていても、大したことになりません。
「すいませーん」「気をつけましょ」で終われます。笑

 
出来事にとらわれていると周りが見えなくなる。
感情にとらわれていると真意がわからなくなる。
抽象思考しよう!
自分に問いかけよう!
「私がこれをするのは何のため?」ヽ(´ー`)ノ

 

 

 
山咲凛子 1967年生まれ
Wellnessナース/NLPマスタートレーナー
看護師22年、コミュニケーションスクール主任講師10年。女性が自分らしく生きるためのコーチングや起業支援の経験を活かして、健康/予防を目的に個人活動を行う。受講生約400名、女性セラピストトレーナー150名育成、セッション数4000件から導き出した独自のセオリーを持つ。ナースサミット主催、Wellnessナースビジネスプログラム主宰。
主な情報は8年前から書き綴っている、看護師向け無料メルマガ【心と身体のStudyMail】にて。

関連記事

  1. ”家族のため”に頑張るナース。それ本当?

  2. 職場で意地悪する人、いつも的にされる人。ナースの人間関係を変…

  3. 管理職ナースが部下と関わるときの「YESとNO」の効果的な伝…

  4. 「家庭優先の看護師と独身ナースのいがみ合い」職場の人間関係を…

  5. ベテランだけど、不満がある看護師が読むやつ。

  6. 父親の死に目に会えなかった40代ナースからの相談

  1. 幸せが連鎖するWellnessライフ|メールマガジン

  2. 医療者・介護職が知っておきたい人類の性質

  3. 宇宙元旦と地球の成熟期

  4. 体調の悪さは潜在意識からの知らせ

  5. ゲートが開く3月20日に向けて準備

  6. 心と体をつなぐ生命体たる私たち

  7. 宇宙銀行からお知らせ

  8. 「心から看る介護と認知症」動画を公開いたしました

  1. 人は弱くていい。「わたしの道」だから

  2. 情報化社会の真実

  3. 人は間違いながら進んでいく。それが正しい道。

  4. 女性のための新しいビジネスモデル開花します/メルマガ【心…

  5. 心身の健康とビジネスに目覚めた看護師たち/Wellビジ2…