ナースvsドクター延命治療する?!しない?!救命救急現場の葛藤を寸劇で再現する「ナース大会議@6/22」

 
すごいイベントになりそうです!「ナース大会議」in赤坂インターシティAirコンファレンス。日本ナースオーブが開催するこの初イベントは、健康/予防を目的に活動するWellnessナースが運営・プロデュースしています。

 
昨年11月「看護師が病院の壁を超えて知を共有する~ナースサミット2018」に多くのナースにご参加いただきました。ナース大会議はより具体的なテーマで看護師がディスカッションし、そこで出し合った意見を行政に挙げる目的で開催します。未来の健康社会に向けて、看護師が一歩踏み出す有用なイベントです。

 
って言われたって何をするのかわかりませんね。とにかく看護師の皆さんが心に秘めている、死生観, 延命治療についてのご意見をお聞かせください!

 
職場では言いたくても言えないこと、これって変だよね?!と思ってるけど言葉にできないこと、理不尽さを感じる出来事や、医療不信になってしまいそうな出来事など、まずシェアすることが大切。ナース大会議は活発な意見交換ができるよう、細部にさまざまな工夫を散りばめています。

 

 

 

 

 

 

 

Wellnessナースビジネスプログラムは、このところイベントの議題がほとんど。今月の授業では「イベントをデザインする方法」を、ナースサミットやワークショップの事例から学びました。

 
ナースサミットにも参加者さんが気づかないような配慮が散りばめられています。「ナースサミットのここがスゴイ!」を振り返って読んでみてくださいね。
ナースサミット2018

 
ナース大会議の肝は「命に関わる繊細な話」「言葉で伝えにくい現場の状況」「価値観の違い」を、いかに参加者さんが自由に発言できるか。難しいテーマだから具体的な話は避けたくなりますが、患者や家族のための医療を願う看護師にとって、もう放っておけない状況です。

 
私たちも有用なナースディスカッションを行なうために、どうすればいいだろう?!と考えました。そして先日は朝から相当なミーティング時間を費やし、さらにランチミーティングを重ねて、ついに、あるワークが誕生しました~

 

NLPワークで考察する
【死生観ワーク】

 
さらにその前座として救急現場の寸劇を行なうことに。笑

【ナースvsドクター延命治療する?!しない?! 救命救急現場の葛藤を再現!】

 

 

 

 

 

 

 

5名が救命救急現場の役柄に扮します。ドクター、ナース、師長、患者の娘、ケアマネ。

 
ストレッチャーに横たわっているレベル300の78歳の母の横で、医療者と家族がどのように意見交換するのでしょう?!それぞれの役割を演じてみて、初めてわかる価値観があります!誰かが正しくて、誰かが間違っているわけじゃない、「命の考え方」の違いが明確にわかります。

 
今まさに答えを見出さくてはならない命の現場で、あなたは自分の意見を発言できますか?
実際は発言したことのない看護師がほとんどではないでしょうか。

 
では、実際に看護師が自分の意見を言うと、どうなるのでしょう?
結果は6月22日(土)!赤坂インターシティAirコンファレンス401会場で!
もうすぐ募集開始です。

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年、看護師やドクターによる延命治療の是非や、看取りに関する講座・講演が活発になって来ました。ナース大会議では、死生観に独自の考えを持っている講師を2名お招きし、講演を予定しています。

 
そしてディスカッションの前座として死生観ワークを行ないます。
だけど現場で働くあなたは気づいているのではないでしょうか?

 
「そりゃそうだと思うけど、現場では通らないのよ」
ああ、どうしようもない、理想と現実のギャップ。

 
ここをどのように埋めていくかが、これからの課題なのです。
理想論はわかるけど、じゃあ実際はどうすればいいの??

 
そんな看護師の“延命に関する悩み”解決できるかも!
『ナース大会議:ここが変だよ?! 延命治療』
Coming soon・・・お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
山咲凛子 1967年生まれ
Wellnessナース/NLPマスタートレーナー
看護師22年、コミュニケーションスクール主任講師10年。女性が自分らしく生きるためのコーチングや起業支援の経験を活かして、健康/予防を目的に個人活動を行う。受講生約400名、女性セラピストトレーナー150名育成、セッション数4000件から導き出した独自のセオリーを持つ。ナースサミット主催、Wellnessナースビジネスプログラム主宰。
主な情報は8年前から書き綴っている、看護師向け無料メルマガ【心と身体のStudyMail】にて。

関連記事

  1. 「人はひとりひとり違う」が基本の予防看護

  2. フリーランスナース最初の一歩を左右するのは〇〇

  3. Wellビジ4講目。ひと山超えて異例のビジネスプログラムに。…

  4. 心のケアで病気と介護を予防。Wellnessナースビジネスプ…

  5. Wellnessナースビジネスプログラムは生き方指南を学ぶプ…

  6. 「介護、認知症にならない心理学講座」お話会リレースタート

  1. Wellビジ1期生受講の感想をサイトにアップしました

  2. 「介護、認知症にならない心理学講座」お話会リレースタート…

  3. その介護予防、認知症予防は誰のため?心に寄り添う介護がし…

  4. Wellnessナースの起業プログラム。第14講はコミュ…

  5. 「日本の看護師が世界の健康を変える!」予防を探究する新し…

  6. 看護の真髄とは?「病気には目的があることを知る」

  7. 「ドーナツで窒息死」ベテラン看護師であっても気を抜けない…

  8. 父親の死に目に会えなかった40代ナースからの相談

  1. 「抗癌剤治療で痩せていく親の姿…」あなたはどうしますか?…

  2. フィンランドは「親の介護のために離職する」禁止。自分の人…

  3. なぜ治らないのだろう。認知症・介護・病気…、素朴な疑問。…

  4. 起業ナースのやりやすさ

  5. 起業ナースのむずかしさ