心のケアで病気と介護を予防。Wellnessナースビジネスプログラム初回の様子を報告します

Wellnessナースとは、
“予防”を目的に未病患者を効果的にケアし、
病気や介護にならないための健康増進指導を専門的に行い、
さらにうつ病など心身症の快方をサポートする実力を備えた看護師です。

Wellビジは月2日(土日)×12ヶ月のビジネスプログラム。
「生と死」を含めたナースの心理学スクールは全国で初めてです。
授業の様子をできるかぎり報告していきたいと思います。

 

 

やや緊張の面持ちで初日が始まりました。
module1のテーマは『認識の法則』
人が物事をどのように認識しているかについて学ぶ2日間です。

 
“こころ”は、これまでずっと文章で解説する文学として扱われてきました。
しかしながら心の発生は脳にあり、1970年頃よりコンピューターの発展に伴い脳科学の研究が進みました。
よってWellビジでは、心理学ならぬ脳理学(脳機能のことわり)=認知科学を学びます。
言い換えると“自分のトリセツ”。
ビジネスや予防は「何をするか?」よりも、実践・継続できる力を身につけることが大切です。

 
初日にみんなが気にしているのは、どんなナースが来ているのだろう?
どんなナースと一緒に学ぶのだろう?でしょう。
さっそく、ひとり3分ずつ自己紹介を行なってもらいました。
アツく語る人、淡々と語る人、思わず涙してしまう人…
ナースは語り部だと、私は思っています^^

 

 

 

 

 

 

 

申し込みをしてくださったナースは18名。埼玉県から沖縄までいます。
経験年数は10年以上、30年以上のナースが3名います。
厳しい現場に身を置いて来たからこそ“こころ”がわかり、経験があるからこそ“こころと身体”が理解できるでしょうね。
初回から、これまでの授業にない高度なディスカッションが展開できました。

 
土曜日はコミュニケーションのプロが使っている原則を8つ学びました。
人間関係で問題が起こる多くの原因は、自分と他者を混同していることによります。
コミュニケーションを学ぶ第一段階として、「人はひとりひとり違う」という認識を再確認します。
そして知識として2時間学んだ後は、身体を通して学ぶためSET(自己編集技法)の実践。
原則をどのように日常に活かすか左脳+右脳の全脳で理解します。

 
NLP(神経言語プログラミング)は五感「視覚・聴覚・体感覚(感情)・嗅覚・味覚」を使います。
普段から五感を使って患者さんを観察しているナースが習得しやすい方法です。
しかも「何があったか」について一切聞かないので安全。
人は誰でも、自分で問題を解決するチカラを持っている~と考えるのがコミュニケーションの原則です。

 

 

 

 

 

 

 

翌日は予防に関連するディスカッション。
認識の法則がテーマである初回の2日目、こんな質問をしてみました。
「あなたは、◯◯が食べた~いと思ったら、目の前に◯◯が現れますか?」(笑)
ここから“プラシーボ”の理解が始まりますよ。

 
そして今の自分の状態、疑問を感じていること、人間関係の問題など、受講生から提議してもらい授業を進行しました。
ほとんどのナースが納得する「有」と「無」の認識。
看護は好きなのに、実際に働いているとモヤモヤするのはなぜ?
どんなに頑張っても経営者や管理職と分かり合うことができないのはなぜ?
病気になる人が減らないのはなぜ?
さまざまな不快が解けていく2日目の朝でした。

 
午後は、さっそくビジネスの視点を持つ課題へ。
次回レポートを提出していただきますが、みな質問も出ないほど未知の世界。
「未来はすべて仮であること」「失敗した者だけが学ぶ」を前提に課題を実践します。
思考や想像は自分だけのもの。誰に咎められる必要もなく、自分に遠慮は無用です。

 

 

 

 

 

 

 

2日目の後半は全体ワーク。
約2時間のワークが終わると、みんなとても柔らかい表情に。
初めて体験するワークは、とても有意義な様子でした。

 
ナースって本当に人を愛してやまない人種なんですね~
そんな女性が18人で“こころと身体”を一年間探究すれば、大きな大きな愛が育つこと間違いありません。
きっと薬や物を使わなくても、この大きな愛で社会に健康をもたらすことができると確信しました。

 
Wellビジは遠方でも来やすいよう、土曜の開始は13時。
日曜は10時に開始をして18時に終了します。
土曜日の夜はアフターで美味しいお酒とご飯を共に。
日頃話せない医療の現状や、自分の想いを好きなだけ話せる貴重な時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、数年前から一緒に講座を行なっているアマナ性共育協会の理事ーずが、お祝いに駆けつけてくれました。
大きな大きな、私にはもったいないほど豪華なお花をいただき感無量。
代表理事の池本千有さんは助産師、理事の密月は看護師なのが、また嬉しい。
かつては生徒だった2人ですが、今はアマナで授業させていただいている私の方が学ばせてもらってます。
本当にありがとう♡

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は2日間終了時の写真。
みんないい顔してました~
あるナースが「疲れました。でも普段の疲弊した疲れじゃありません」とFBでコメントくださっていました。
Wellビジでは圧倒的な情報量を提供するため、しっかり睡眠を取ることも学びのうち。
必要な知識が必要なときに出て来ると、自分を信じてみましょ。

 

 

 

 

 

これまでにカウンセリングも習得し看護経験30年の林美子さんがブログに書いてくださっています。
<Wellnessナースプロジェクトスタートしました!>

次回のmodule2は『身体性の法則』
普段から身体と関わっているナースが、心と身体の関係を結んでいきます。
お楽しみに(*^^*)

 

 

 
山咲凛子 1967年生まれ
Wellnessナース/NLPマスタートレーナー
看護師22年、コミュニケーションスクール主任講師10年。女性が自分らしく生きるためのコーチングや起業支援の経験を活かして、健康/予防を目的に個人活動を行う。受講生約400名、女性セラピストトレーナー150名育成、セッション数4000件から導き出した独自のセオリーを持つ。ナースサミット主催、Wellnessナースビジネスプログラム主宰。
主な情報は8年前から書き綴っている、看護師向け無料メルマガ【心と身体のStudyMail】にて。

関連記事

  1. 看護師たちが語る命のディスカッション/Wellnessナース…

  2. ナースvsドクター延命治療する?!しない?!救命救急現場の葛…

  3. 「看護で独立」Wellnessナースビジネスプログラム2期開…

  4. 『一家にひとり専属の予防看護師へ』保険医療2035と共に看護…

  5. 看護は人を育てる職業。“実存的価値”が心と身体を満たしてくれ…

  6. Neoナース改め『Wellnessナース』で活動開始!

  1. 看護師が公の人であるために大切なこと/ナースの起業

  2. 看護師が独立するために最も大切なこと

  3. 「体が勝手に痩せていく」生活習慣病予防ダイエット5つの法…

  4. 看護師の新たな国づくり「日本を健康先進国に」

  5. 「家族死生観」当日の様子を報告します/ナース大会議@東京…

  6. 人は最期に誰を想うのだろう?/家族死生観⑦

  7. 延命治療は必ずしも幸せとは限らない/家族死生観⑥

  8. <真実の人>は死を選ぶ/家族死生観⑤

  1. 「体が勝手に痩せていく」生活習慣病予防ダイエット5つの法…

  2. 人生の最期を安心してほしい/家族死生観④

  3. ここに来れば健康になれる「ナース・ウェルネスセンター」構…

  4. 亡くなった人にしか伝えられないことがある/家族死生観①

  5. 「家族死生観」残された家族が生きていくために@東京ナース…